« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月26日 (土)

梨灰釉~還元焼成

今夜は生徒さんの作品と自分のを少し焼いています。ι(´Д`υ)アセアセ

オリジナルの梨灰釉(近くの梨農家から枝をもらってきて燃して灰にして、他の材料と混ぜて

作りました。)をメインの釉薬にしているので、中くらいの還元焼成です。窯は小ぶりの灯油

窯、現在の温度が1150℃位です。

焼きに興味が出てくれば、陶芸は一生の趣味になると思います。

Kangen2

Kangen1

2012年5月23日 (水)

KOTETUの恋人

久しぶりにKOTETUの登場です。

私の陶芸の師匠が作ったアルマジロの隣で気持ちよさそうに寝そべっていて、まるでデートし

ているよう。 特に後ろ姿がユーモラスでシャッターを切りました。

KOTETUは♂なのでアルマジロは♀?  そう言えば師匠も大の○○好きです。

Date_f_2

Date_b_3

2012年5月18日 (金)

新緑の中の、狸でない、信楽の壺

 とても良い季節です庭の木々の葉っぱもキラキラして、クレマチスや西洋シャクナゲな

どきれいに咲いています。

 以前焼いた信楽の壺を庭に出して撮影してみました。毎年、益子で「信楽」を焼きます。

今年は8月の後半にやる予定です。信楽と言うと狸を思い浮かべる方が多いと思いま

すが、日本の「六古窯」のひとつで「備前焼き」と並び焼き締め(無釉)の代表です。

 興味のある方、参加してみませんか。

Sigaraki_3

2012年5月11日 (金)

萩焼き

久しぶりのブログです。(*゚ー゚*)

 5月4、5日で萩を焼きました。「大道土」に「萩の原土」と少量の赤土を混ぜて土を造り、

成形後、化粧土を塗りました。釉薬はオリジナルの透明釉を掛けました。

 焼成は21時間またまた徹夜です。弱還元で1200度まで上げ、1210度で酸化で練ら

し、徐冷しました。

 結果、置く場所によりいろいろな色味が出て、萩の特徴は十分出たと思います。

        

          左より 「ぐい飲み」 「徳利」 「宝瓶」 「湯呑み」     真玉光郎作

Hagi

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

フォト

ホームページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ